クオリティ・オブ・ライフ 赤塚支援教室|茨城県水戸市、那珂市の放課後等デイサービス事業|QOLグループ

クオリティ・オブ・ライフ
赤塚支援教室とは?

page_04_04

 赤塚支援教室は2016年8月に水戸市赤塚町に開校致しました。コンセプトですが、15歳をすぎた頃から、身の回りのことをある程度自分でできるようにならなければなりません。また、20歳になった時の「生活の質の向上」ここに赤塚支援教室は目標を定めて活動を行っております。

赤塚支援教室
~生活に必要な自立の訓練~

page_04_01

・社会に出て自立できるよう、作業や就労訓練を行います。
・トレーニングしたことが生かせる職場体験
・未就学のお子様を対象とした児童発達支援教室事業
・一人での買い物や、お金の計算練習
・バスに乗るなどの校外学習

生活スキルの向上

 子供は多くの場合、小・中学校に通っている間は保護者のサポートを受けられます。教師など、まわりの大人からもサポートを受けやすいでしょう。しかし中学校を卒業すると、自立的に活動する機会が一気に増えます。
 そのとき、最たるものが、職場での失敗だといえます。それらの問題を防ぐために、発達障害の子が15歳までに身につけ始めたい「生活面のスキル」を、克服していきます。
 10種類の「ライフスキル」として、それらを習得していけば、15歳をすぎたときにも、社会に出て働き始めたときにも、大きな混乱には見舞われないはずです。

page_04_02
page_04_03

大切なのは「生活の質」

 発達障害を抱える子供にとって、現時点で抱えている課題や困難にその時々対応することはもちろん必要ですが、今だけではなく、20歳になった時の「生活の質」向上をどのように確保するかという視点がとても重要です。
 ライフスキルとは、社会生活を送っていくうえで必要な様々な技術です。コミュニケーション能力やソーシャルスキルを含んだスキルともいえます。その場かぎりではない基本的な対応と、どこでも・だれでもできる再現性のあるトレーニング、療育を行っていきます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログ

更新日:

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.